へるへるの投資blog

QQQとVOOをメインに投資している米国株長期投資家です。

2022年8月12日の米国株市場の個人的展望

8月12日の米国株市場は下記の通り先物の動きを見ると上昇からスタートするようです。

ただ、自分は市場が開いてから上昇したとしても上値は限定的かと思っています。

その理由としましては、CPIの発表があった8月10日に米国主要三指数は上昇しましたが、翌日は下落。

特にNDXのCPI後の値動きはテクニカル的な動きが大きかったかなと自分は思っています。

下記はNDXの日足になりますが、

CPI発表直後にPIVOTのR1(13501.05)にむけて上昇し、翌日8月11日はR1のラインを抜けましたが、そこから下落して陰線で終えています。

そして、このラインは4月下旬~5月上旬にかけてモミモミしていた時期の高値でもあります。

以上の事から、例えCPIの結果が予想を下回り、インフレがピークを向かえ下落してくる兆候が見えてきたとしても、この2つのライン(PIVOTのR1、4月下旬~5月上旬の高値)を抜けるにはかなりの買い圧力が必要だと思われます。

 

このラインを抜けてくる可能性として自分が考えているシナリオとしては、コモディティ価格の下落が続くのであれば、NDXは更に高値を目指していくのではないかと。

コモディティの代表格であるWTI原油のチャートを下記に載せてみます。

6月辺りから下落が続いてはいますが、直近でPIVOTのS1(88.738)付近で反発し、上昇しています。

これが更に上昇してくると次回のCPIの結果が予想を超えてくる事も考えられ、それによりFRBが金融引き締めを更に強化してくる事も考えられます。

一応緑色の200日移動平均線に頭を抑えられている状態ですが、WTI原油の値動きは注目しておいた方が良さそうです。

 

これから夏枯れ相場という出来高が多くない時期に突入していき、乱高下しやすい状態になり、更に9月からFRBは月に950億ドルという規模でQTを行うので、もしかするとNDXにとっては非常に厳しい結果が待っている可能性もありますが、大きく下落したときには指数に連動したETFを買い増しできるよう準備しておきたいと考えております。

 

最後にQQQの上位構成銘柄の比率を載せておきます。

Nvidiaが利益警告をし、大きく売られたため比率が少し減少していますね。

 

米国株バナーをポチリして頂けると大変励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

2022年8月8日の米国株市場の個人的展望

8月5日の米国株市場は雇用統計の結果が予想を上回り、経済が強いと判断され、金利上昇からのNDXは下落しましたが、8月8日は下記のように先物の動きを見る限りは上昇からスタートしそうです。

 

自分はCPIの発表がある8月10日までは下落するのではと思っていましたが、多くの投資家は雇用が強くても景気後退はやってくるorすでに景気後退中だと考えている方が多数なのでしょう。

その証拠に、下記のように米国の債券利回りで長期の債券の利回りが下落(長期債券が買われている)、短期債利回りは上昇か下落幅は少ない。

特に米国10年債の利回りが下落しているという事は景気が今後悪くなってくると予想して資産を安全資産と言われている10年債に移動させていると読む事ができますね。

個人的には米国10年債利回りが下落するとNDXにはプラスに働くので個人的には嬉しいの限りですね。

 

ただ、注意しなければならないのは逆イールドが発生している状態が続いているので、これが今後どう影響してくるか注目しておいた方が良いです。

下記は米国10年債利回り-米国2年債利回りのチャートになりますが、

通常は10年債の利回りの方が高いはずなのですが、今は2年債利回りの方が高いという状態です。

そして、その差はリーマンショック時を下抜け、ドットコムバブル崩壊レベルの推移に近づいています。

逆イールドが起きると1、2年以内に景気後退が来る可能性が非常に高いので、目先米国株は上昇しており、今夜は上昇からスタートする可能性が高いですが、いずれ大きな下落がくると考えておいた方が良いかもしれません。

 

最後にQQQの上位構成銘柄の比率を下記に載せておきます。

Amazonの比率が7%を超えてきましたね。

 

米国株バナーをポチリして頂けると大変励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

2022年8月5日の米国株市場の個人的展望

この1ヶ月ほど米国株はかなり上昇してきましたが、8月5日は下落スタートとなりそうです。そしてこの下落はしばらく続く可能性も出てきました。

理由としましては、8月5日の21:30に雇用統計が発表され、予想(25万人)の倍以上の結果(52.8万人)となりました。

 

そして雇用が強い=経済が強いということからFRBが金融引き締めを更に強化してくる可能性が高まるため、下記のように米国債券の金利が上昇しています。

特に多くの方が見ている米国10年債の金利の1分足チャートは下記のようになり、

雇用統計が発表された21:30以降に跳ね上がっております。

 

米国10年債の金利が上昇すると米国株にとってはネガティブに働くので、米国の主要3指数先物は下記のように下落しています。

 

個人的にこの下落は今日1日では止まらないと思っているので、下落が落ち着きだしたら少し米国ETFに資金を投入していこうと考えています。

 

この1ヶ月間は米国の指数が上昇してきていたので、自分のポートフォリオ全体が数日前にプラ転してきたのですが、またマイ転しそうです。

自分は今年に入ってからは下落している時に買い、上昇した場合はDo nothingでいこうと思っておりますので下落は大歓迎なのですが、下落したから即買いではなく、少し間を開けて、それでも更に下落してきたときに資金を投入したいと考えています。

 

それに来週はCPIの発表もあるので、資金投入はその発表を待ってからでも良いかもしれません。

 

最後にQQQの上位構成銘柄の比率を下記に載せておきます。

AmazonとTeslaが比率を少しづつ上げ、Metaが下がってきていますね。

 

米国株バナーとポチリして頂けると大変励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

2022年8月2日の米国株市場の個人的展望

8月1日の米国市場は小幅に下落。

そして、8月2日は下記のように先物の動きを見ると下落からスタートのようです。

なので、今夜は8月1日よりも大きく下落していくと思われますが、

米国10年債の金利が直近でかなり下落しているので、思っていた以上に大きく下落していかないのではないかと個人的には考えています。

 

下記のチャートが米国10年債の金利になります。

今現在は青線のボリンジャーバンド(ボリバン)の-2σを下落方向に日足が沿って動いています。

このボリバンの青線に沿って動く事をバンドウォークと呼ばれていますが、このバンドウォークが始まるとバンドから離れない限りはバンドに沿って動くというテクニカル的な値動きになる事が多いです。

今は下落方向に連日沿って動いているため、ここから一気に上昇トレンドに入る事は考えにくいと思っています。

日足がボリバンの青線から離れだしたら、金利が上昇してくる可能性が高くなるので、その時は株式マーケットが急落する事も考えられるので、金利の動きには注意しておきましょう。

 

この金利が下落方向に動きだした事で、ドル円も下記のチャートのように下落しています。

金利の高い国の通貨が基本的には買われやすいため、米国の金利が下落すると円高になりやすいです。

今は黄色の100日移動平均線で少し反発していますが、一時期139円台まで上昇しましたが、半月ほどで8円以上下落しています。

この影響もあり、ここ最近自分が持っている米国ETFのVOOやQQQはドルベースでは上昇していますが、円換算するとあまり変化がありません。

そのかわり為替ヘッジのかかっているレバナスは含み損がかなり減ってきました。

 

このまま為替がどう推移するか、株価は上昇していくかは今後発表される経済指標に左右されると思っています。

まずは8月5日の雇用統計で、下記に雇用統計の予想を載せておきます。

予想は25万人となっており、これが予想を超えてくると、経済が強いと判断されFRBが金融政策の引き締めを更に強化してくる可能性があります。

なので、この結果には注意しておきましょう。

直近の3ヶ月は予想を超える結果が出ています。

 

そして、雇用統計よりも注意が必要なのはCPIでしょう。

下記にCPIの予想を載せておこうと思います。

予想は8.9%とかなり高いです。そして直近の4ヶ月は予想を超えています。

最近コモディティ価格が全体的に下落しているため、この予想を下回ると推測している投資家が多いようですが、そこで予想を上回る結果が出てしまうと、米国三指数はかなり大きな下落をしてくる事もあるため雇用統計以上に警戒しておいた方が良いと思います。

 

以上の事から8月5日と10日が要注意なので今夜の米国株市場の上昇や下落はあまり気にしなくても良いかと思われます。

 

最後にQQQの上位構成銘柄の比率を載せておこうと思います。

Metaの比率が少しづつ下がってきていますね。GAFAと呼ばれる米国市場を引っ張ってきた企業の一つでしたが、最近は決算の結果が悪いため仕方がないかもしれません。

 

米国株バナーをポチリして頂けると大変励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

2022年7月29日の米国株市場の個人的展望

7月28日に米国GDPの発表があり、それの結果が-0.9%ということで2四半期連続マイナス成長となりリセッションと判断する方が増えてきたと感じています。

それを踏まえて28日のNDXは上昇して終えています。

そして、29日のナス100指数、S&P500の先物は上昇しています。

ただ、ダウ先物はちょっと弱いようです。

なので、今夜の米国市場はほぼプラススタートとなると思われます。

 

おそらくこの米国株市場の上昇は景気後退懸念から安全資産と言われている米国10年債券が買われ、10年債の金利が低下したためと考えています。

上記のチャートは青線がNDX、オレンジの線が米国10年債の金利のチャートになりますが、ここ最近10年債金利が下落してきているのに対し、NDXは上昇しています。

今年の3月辺りに両方共に上昇している場面もあり、短期的に相関している時期もありますが、基本的には金利とNDXは逆相関関係にあるため、その典型的な状況に今なっていると考えています。

なので、これから更に米国の景気後退懸念が強くなり10年債が買われ金利が下がれば、より一層株高方向に進むと思われます。

 

ただ注意しなければならないのは次回のCPIが予想を上回る結果を出してくるようであれば債券が売られ金利が上昇してくるので、そうなると逆相関のNDXは下落してくと考えておいた方が良いかと思います。

8月発表のCPIは低い結果が出ると予想されていますが、下記のGS商品指数というコモディティ全体の指数のチャートを載せてみますが、

7月中旬から少しづつリバウンドしてきているので、このまま再び上昇トレンドになるか注目しておいた方がよいかもしれません。

 

そして28日の引け後にAppleの決算発表があり、

EPS  結果$1.20 予想$1.15

売上高 結果$82.96B 予想$82.97B

ドル高の影響もあり、決算ミスすると思っていましたが、EPSクリアで売上高も若干届かなかった程度でした。

 

更にAmazonの決算あり、

EPS  結果$-0.2 予想$0.12

売上高 結果$121B 予想$119B

ガイダンス 売上高 結果$125B~$130B 予想$126

となり、こちらはEPSはミスしましたが、ガイダンスが良かったためか時間外で13%程上昇していました。

 

こういった大型テック企業の決算が出揃ってきた安心感もあり、株式市場は上昇に転じてきているという事も考えられます。

 

最後にQQQの上位構成銘柄の比率を載せておきます。

大きな決算ミスを発表したMetaの比率が少しづつ低下してきていますね。

 

米国株バナーをポチリして頂けると大変励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

2022年7月27日の米国株市場の個人的展望

7月27日の米国株市場は下記のように先物の動きをみると市場が開いた場合プラススタートとなる可能性があります。

ただ、深夜3時半にFOMC記者会見があるので、そこに向けて売られてくる事が考えられるので楽観視しない方が良いと考えています。

パウエル議長が75bpsの利上げを発表すれば更に上昇すると思っていますが、もし100bpsにした場合はかなり大きく下落してくると思います。

 

そして28日には米国のGDPの発表があり、これは下記の赤丸ように0.5%のプラスになると予想されています。

これがマイナスの結果が出てくると株式マーケットが乱高下してくると考えています。

3月からのGDP発表がマイナス続きなので、7月もマイナスの結果であればリセッション懸念がより一層強まってくると思います。

 

リセッションの先行指標といわれている米国の10年債金利から2年債金利を引いたチャートを下記に載せておきます。

青い線が10年債金利と2年最金利の差が0の線となり、ドットコムバブル崩壊リーマンショックで0を下抜けて2年債金利の方が高い状態となっています。

そして、これが今月から0を下回り、リーマンショック時よりもほんの僅かに下回っています。

これはおそらく債券投資家が景気後退懸念を強め、安全と言われる金融商品である米国10年債券を買っている(資金を避難させている)事を意味していると思っています。

なので景気後退を意味する米国のGDP2四半期連続マイナス成長という結果が出れば株式市場は更に下落圧力を強めてくると考えていた方が良いかもしれません。

 

更にAlphabetの決算発表があり、その内容は

EPS  結果$1.21 予想$1.31

売上高 結果$69.69B 予想$70.04B

Youtube広告 結果$7.34B 予想$7.53B

Google Cloud 結果$6.28B 予想$6.33B

市場予想を下回っている。

 

そしてMicrosoftの決算発表は

EPS  結果$2.23 予想$2.3

売上高 結果$51.9B 予想$52.47B

Azure売上高 結果+40% 予想+44%

こちらも市場予想を下回った。

 

ただ、これらの決算内容はすでに市場は織り込み済みだったようで時間外で3%以上上昇しています。

 

最後にQQQの上位構成銘柄の比率を載せておきます。

Teslaが少しづつ比率を引き上げてきています。

 

米国株バナーをポチリして頂けると大変励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

2022年7月25日の米国株市場の個人的展望

7月25日の米国株市場は下記のように先物の動きを見るとプラススタートとなりそう。

先週金曜に米国主要三指数が下落したので、その反発が入っているような感じですね。

ただ、月曜は強いかもしれませんが、火曜日の引け後から米国の大型テックの決算発表が始まるので、あまり楽観視してはいけないかもしれない。

 

下記が決算スケジュールで

特に赤丸の企業の決算は要注目と考えています。

 

広告系企業のSnapの決算が市場予想を下回ったため、先週金曜はその広告系のAlphabetとMetaが大きく下落し、それに引っ張られるように金曜は米国主要三指数が下落していた。

この流れを考えると火曜の引け後にあるAlphabet、そして水曜のMetaは広告系の企業で、これらの企業の決算は注意が必要かもしれない。

 

そして、更に27日にはFOMCがあり、ここで市場がどう反応するかもかなり重要だと思っています。

一応今現在のFFレートの予想は下記の通りで

75bpsの予想が77.5%となり、この通りに金利を上げてくるとは思っていますが、ここ最近のFOMC後の株価の値動きは、発表後に上昇で、その翌日に大きく下落というパターンがきているので、この27日以降もかなり乱高下してくると考えています。

 

そして更に28日の株式市場が開く前に米国のGDPの発表があり、下記のように市場予想は+0.4%となっている。

前回は-1.6%だったので、もし今回もマイナス成長であればリセッションに突入が濃厚となってしまう。

直近までリセッションという単語がかなり叫ばれていたので、市場はそれを織り込んでいそうだが、実際にどうのような反応をするかは当日にならなければ分からないと思っています。

 

ここまで述べたように今週は株価の乱高下に3つの大きな要因が絡んでくるので、大きくドカンと下落しても精神を平常に保てるよう意識しておこうと考えています。

 

最後にQQQの上位構成銘柄の比率を載せておきます。

嵐の前の静けさか、比率はそこまで変化はないようです。

 

米国株バナーをポチリして頂けると大変励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村